Archive for 2011年2月

失活歯(神経のない歯のホワイトニング)

今回は下の前歯1本で以前に神経の処置を受けており、1本だけ色が変色してしまっていました。

被せ物ではなく、1本のホワイトニングにて対応しました。

術前

向かって左側の前歯です。

術後

きれいに白くなりました☆

広告

ホワイトニングQ&A

1、ホワイトニングは、歯にダメージはありませんか?
ホワイトニングの安全性は、様々な大学や研究機機関の発表により、「歯にダメージを与えない方法」として確立されています
ホワイトニング剤の主成分は「過酸化水素」または「過酸化尿素」であり、アメリカ食品医薬品局(FDA)でも成分の安全性を保証しています。
他の成分も食品添加物や化粧品の許可番号を得たものなど、安全な原材料を使用しています。また、これまでにアメリカで、数千万人が体験していますが、事故報告は1件もありません。

口内炎!?

口内炎、出来るとなかなか治らなくて、痛いですね。。

原因は、細菌やウイルスに感染する事によって発症するものもありあすが、多くを占めるのはアフタ性口内炎といって以下のような原因があります。

・偏食による、鉄分やビタミンの不足

・ストレスや睡眠不足

・かみ合わせの不良や、歯ブラシ、義歯などによる粘膜への物理的刺激(噛むなど)

・唾液の不足、口の乾燥

・口腔内の不衛生

また体質的に口内炎になりやすい方もいます(食べ物アレルギーや、粘膜が薄い、ビタミン不足など)

治療は歯科で行います。

ステロイドを含む軟膏を患部に塗布する方法。当院では、デキサルチン軟膏を使用しています。

またビタミンBをしっかり摂取する事は、予防、治癒にもいいとされています。

短期集中治療

これから4月に向けて、進学、就職、留学等で、3月中に治療を終えたいというような、短期集中治療を希望される患者さんがいらっしゃいます。歯科治療は、どうしてもしっかり治療をする為には、ある程度の期間と回数がかかってしまいます。また、1回通うと長いからという理由で、通院を躊躇している方もいると思います。

Y’sデンタルクリニックでは、なるべくその方の希望に合わせて1回での治療時間を長く(1時間半~3時間)したり、来院をつめたりして可能な限り、希望にそうよう計画しています。まず、初めに初診時の口腔内写真、模型、レントゲン等をとらせて頂き、よく相談し、治療計画に沿って治療を進めていきます。

たしかに、毎週予定をたてて歯科医院に通うのはとても大変ですが、生え換わる事のない大切な歯です。手遅れになる前にしっかり治療しましょう(^u^)

深い虫歯、歯根破切の治療

以前は、歯肉より深い虫歯、歯根破切等は、保存が厳しく抜歯の適応でした。抜歯した部位には、義歯(入れ歯)、ブリッジ、インプラント等の方法で修復します。しかし、どんなに優れた方法でも、やはり自分の歯にはかないません。

現在では、いろいろな方法、材料があり、歯牙を保存できる可能性も広くなっています(^v^)

まず、1つ目はMTM(小矯正)により、深い虫歯の部分や、割れてしまった根をを歯肉の上まで引っ張ってきて保存する方法です。矯正といっても、透明なゴムや、バネを使って1本だけ引っ張るので、全顎矯正ほど目立たず、期間も2~3週間ほどです。

仮歯を使いながら裏側からゴムで引っ張ります

奥歯もゴムで引っ張ります

そして健全な歯質まで出てきたら、通常どうり被せ物をします。

2つ目は、クラウンレングスニングという方法です。

これは、歯を引っ張るのではなく、歯肉を外科的に処置する事により、健全な歯質を歯肉の上まで上げ、保存する方法です。これにより歯肉のラインを調整したり、歯周ポケットを除去する事もできます。

他にも、歯牙の移植や再植といった方法も現在ではあります。

しかし、あまりにも深い虫歯、垂直的に破切した根、歯周病の進行した状態などでは、これらの方法も適応できません。やはり大切なことは、こういう状態になる前に発見する、早い段階で治療をする事です(*_*)