Posts from the ‘歯、口、顎の基礎知識、よくある質問’ Category

コンプレックス

こんばんわ〜最近面白いテレビがやっていたのでご紹介致します♥

普段は診療や勉強会なので帰りが遅く、中々テレビもまともに見られませんが…優位つ夜遅い時間からやっている月から夜更かしっという番組はよくみています*\(^o^)/*

そこで前回の内容で自分のコンプレックスは何かという話題で盛り上がっておりました〜😳🌟

皆様はなんですかぁ…⁇

私は……

秘密です笑

でも第一位は私自身も昔はコンプレックスでした…♥

20140903-193736.jpg

20140903-212425.jpgなんと…村上くんもビックリ✨

20140903-212458.jpg第1位は✨歯✨でした!

驚いた内容でしたが…納得です♥
以外とみんな気にしてるんだと実感です‼私も昔は綺麗な歯に憧れていました‼が、今では簡単に綺麗に治す事ができます!悩みは人それぞれですが、治す方法今ではもたくさんあります😁

私が治した事や歯科に勤め始めた事ががきっかけで、お友達にも相談にのられ、以外とみんな歯にコンプレックスをもっている事に実感♥♥

歯のコンプレックスなんてちょっとの勇気と思い切りで絶対に綺麗にできる部位だと思います✌😆

歯のコンプレックスはなくす事ができ、その人の人生や性格も変えていく

人まで笑えなかった人は、歯を見せて笑う事が嬉しくなります。
噛み合わせが悪い、ボロボロで恥かしい、ご飯が食べれない、そんな悩みも歯が健康になれば解消できると思います‼
皆さん!悩んでないで綺麗な歯と素敵な口元を手にいれて下さい❤😆✌

20140903-213828.jpg

歯ブラシの大切さ

今晩わ〜☆
今日は歯ブラシの大切さについてお話し致します♡

歯を失う8割以上が虫歯と歯周病です!
若いうちはほとんどが虫歯、35歳を過ぎた頃からは歯周病によって歯を失うことが多くなりますが、虫歯や歯周病の一番の原因はプラークと呼ばれる(歯垢)なのです~_~;

プラーク(歯垢)はただの食べカスではなく、細菌の塊です!

このプラーク中の細菌が産生する「酸」や「毒素」が虫歯や歯周病の主な原因なので、歯磨きをきちんと行って細菌の数を減らせば、虫歯や歯周病を予防することができるのです♡

なので自分はしっかり歯を磨いているのにどうして虫歯や歯周病にかかってしまうと思っている方は、しっかりこのプラークが取りきれていないからなのです…((((;゚Д゚)))))))

虫歯や歯周病になっても、歯科医院で治療をすれば治る!!と多くの人は考えていると思いますが、虫歯や歯周病は歯科医院で治療をするだけでは完全には治りません…

確かに治療を行えば、虫歯は無くなり、良い状態になりますが、1度でも治療をした歯はどんなに良い治療を受けたとしても1度も治療を受けていない天然の歯に比べてまた病気になりやすいのです!

つまり、一番病気になりにくいのは、
「1度も治療をしたことがない歯」なのです☆

何人もの患者様を見て思うことは、悲しいようですが…過去の治療の再治療を伴う事が多いようです( ; _ ; )/

毎日歯科医院に行ってプラークを取ってもらえば完璧なのですが、現実的にそれは無理ですので、やはり一番大切なのは毎日しっかりと歯磨きをして、プラークをきちんと落とすという事が一番大切なのです♪( ´θ`)ノ

どんなによい治療、よい被せ物をしても、神様からもらった天然の歯には叶わないのです!
なので今ある健康な歯を大切に、そして再治療にならないようにするためにも正しい歯ブラシが必要なのです(^o^)/

20130617-154325.jpg

金属アレルギー (セラミック治療)

口腔内に使っている金属には、様々な種類の金属があります。

チタン、金、銀、ステンレス、パラジウム、ニッケル…… 体の中に使う材料なので、安全で安心な材料がいいですね。

???????????     ???????????

今回は金属アレルギーがあり、口腔内の金属をコンポジットレジンとセラミックにて置き換えました。

???????????????????????????????  ???????????????????????????????

特にセラミックは、口腔内の唾液や細菌の多いかんきょうでも、変色や腐食がなく、生体に使用する材料の中では1番といっていい位、優れた材料です(+_+)

保険外の材料の為、どうしてもお金がかかりますが、その分やり替えや修正がなく トータル的にいい材料だと思います。

読書

こんばんわ〜(^з^)-☆
今日は今晩はなぜがいつもより寒いです😱💦
そんな夜は寄り道せずまっすぐ帰りますからッ♪(´ε` )

帰ってお風呂にでも浸かります〜!
そんな入浴時間の一冊😁👆笑

20121012-223339.jpg
20代もそろそろ後半に入りそうな年…😱💦
う〜〜ん☔

1日1日大切にしよ………

唾液

こんばんわ♪(´ε` )
なんだかんだでもう10月となり、2012年も残す事…あと二ヶ月ちょっと😱💦早すぎて…寂しいです。
何だか最近は日没も早くなり、朝晩は肌寒くなりましたね〜😱

さて、本日は[唾液]についてお話ししたいと思います❤

まず、唾液とは唾液腺から分泌される分泌液で、普通人では1日1~1.5リットル分泌されます☆

唾液には抗菌物質が含まれ、再石灰化作用、自浄作用、緩衝作用などの作用もあるため、虫歯を予防する効果があります(^O^)

さて、この唾液ですがただ唾液と言っても唾液には二種類あります‼
サラサラな唾液と、ネバネバした唾液です(^^;;

このサラサラだ液とネバネバだ液にはそれぞれ違った働きや成分をもっています‼

サラサラだ液のことを漿液性だ液 と言います。
だ液腺には三大だ液腺と呼ばれる部分があり、耳下腺、顎下腺、舌下腺と分けられます。
この漿液性だ液は主に三大だ液腺の中でも一番大きい耳下腺から分泌されます。
漿液性だ液は、食事 の時に多く分泌され、お口を洗浄し酸性に傾いた口腔内を中性に保つ働きや、食べ物を湿らせることで飲み込みやすくする働や、消化も助けます‼
またリラックスしている時などに分泌されやすいという特徴があります😁

次にネバネバだ液のことを粘液性だ液 と言います👆

粘液性だ液は主に舌下腺から分泌されます 。粘液性唾液には納豆や、モロヘイヤ 、オクラなどにも含まれるムチンというネバネバの成分が含まれています‼
このネバネバにより粘膜が傷つくのを防ぐ効果や保湿を行ったり、細菌を絡めとり、体内への侵入を防いだりします。
粘液性だ液は主に、緊張した時に働く交感神経によってコントロールされています。
そのため、漿液性だ液とは逆に、緊張している時や、イライラしている時、怒っている時などに分泌されやすいという特徴がありますd(^_^o)

朝起きてお口がネバネバするのは、睡眠中などの食事をしていない時の唾液の分泌が減りやすく、朝起きた時などに口の渇きを感じやすくなります。

唾液の量が減ったり、働きが弱まる事で、お口の中で細菌が繁殖しやすくなり、ネバつきが生じてしまうのです💦😱

そんな対策法としては唾液の分泌を助けるマッサージをし、夜寝る前にたっぷりの唾液を分泌させると、朝起きた時の口中の粘つきが軽減されるといわれています!
他にはガムを噛んで唾液の量を増やす事も良いかと思います😊❤
とても簡単な方法ですので、是非試してみてください\(^o^)/

20121012-222216.jpg

しみる歯

歯がしみる…

今日はこの内容についてお話し致します😁❤
皆様の中には一度は感じた事がある方もいるかもしれませんが、歯がしみてしまう原因はいくつか、あげられます‼

例えば虫歯や歯周病または
噛みあわせなど、特に異常がなくても、知覚過敏で水などがしみることはあります🌟

知覚過敏であれば、時間は多少かかることはありますが(早ければ数日、長い場合は1年以上続くこともあります)基本的に症状は軽減することが多いです(^-^)/

実際にはお口の中を拝見させてもらったり、レントゲン写真を撮ったり診査をしてみないと分かりませんが…😓

対策は例えば、市販の歯磨き粉で知覚過敏用なものを使用してみたりするとしみるのがやわらぐ場合もあると思いますが、
原因が定かではない時は速やかに歯科医院での受診をお勧めします😁🌟

診断により、噛み合わせを調節してみたり、しみる部位をコーティングしたり、薬の塗布をする事でやわらいだり、治ってしまったりする事もありますので気になる方は一度診断してみてください☺

関係ないですが〜😊🌟
今日の休日は海へ行きました〜

20120801-233435.jpg
帰りのうつみ食堂にて…❤🌟

20120801-233539.jpg

院内勉強会(電動歯ブラシ)

早いもので5月も残り一週間となってしまい ました(>__<)
ですから、そのメーカー、機種によって正しい磨き方をしないと結局汚れはしっかり落とせません😣
普段使っている電動歯ブラシのメーカーや、特徴はおわかりですか??
せっかく持っているなら、その歯ブラシにあった磨き方を練習しましょう☺
Y'sデンタルクリニックに来られる際は、持ってきていただくか、電動歯ブラシのメーカーを覚えて来て下さいね💚

歯ぎしり、食いしばり  (顎関節症)

今日は、よくある質問で難しい所ですが、歯ぎしり、食いしばりについてです。ギリギリ音のする歯ぎしりと、グッと食いしばり音のしない(クレンチンング)があります。両方を合わせると、8割以上の人はしているといわれています。

特に歯ぎしり、食いしばりというのはそんなに特殊な事ではありません。誰にでもある一種のくせといってもいいくらいです。

しかし、食いしばりの力は起きているときに比べて10倍以上の力でかみしめています。

それによりこのくせは時にいろいろな症状を引き起こします(@_@。

まずは、顎関節に障害がでると、顎がガクガクする、口をあけると痛い、口が開かないなどの症状を引き起こすことがあります。

また、歯に障害がでると、歯が削れてしまったり割れてしまう、歯が痛い、しみるなどの症状を引き起こします。

その他にも、歯茎が腫れたり、頭痛、肩こりなど様々な症状を引き起こします。

これらの症状すべてが食いしばり、歯ぎしりからくるわけではありません(^_^;)

しかし、無用なくせは直しておいたほうがいいでしょう。

治療法としてナイトガードという歯ぎしり防止用のマウスピースを夜間に入れてもらいます。これにより、マウスピースがクッションの役割をして、これらの症状を軽減してくれます。

また、まず、1番大切なことは普段起きているときに、無意識に食いしばっていないか意識することです。意外と、何かに集中しているときに食いしばっていることがありますので、これを気を付けてもらうだけで、症状も改善することがあります(^^♪

何事にもリラックスしていきましょう(*^_^*)

虫歯とは?? 栄の審美歯科ワイズデンタルクリニック

今回は、歯科の2大疾患の一つ(虫歯)について、まずは虫歯を予防する為には虫歯を知ろう!という事で、虫歯の基礎知識です😁

20120309-151426.jpg
まず、虫歯とは、お口の中の細菌(虫歯菌)が糖を利用して酸を作り、その酸によって歯がとかされる病気です。糖は砂糖だけではなく、ご飯やパンなどほとんどの食品に含まれています😲

虫歯はしっかりと予防を行えば確実に予防が出来る病気なのです❕❕
歯の周りにつくタベカスをプラークと言います。プラークはただの食べカスではなく、細菌の固まりです💢
この細菌が虫歯や歯周病の原因となるため、歯磨きを的確に行い、お口の中のプラーク、細菌を減らす必要があります。

20120309-152427.jpg
これは、プラークを顕微鏡でみたものですが、この小さいのがすべて細菌です。

お口の中は何もしていない時は、PH6.7位の中性に維持されていて、この状態では虫歯はできません。 しかし、飲食物を摂取すると、プラーク内の細菌が酸を産生し、お口の中が酸性になります。
そしてPHが5.5以下になると、歯が溶け始めて虫歯が出来ます💦
酸性になったお口の中が中性に戻るまではとても時間が掛かります。
ですから食事、間食をとったら、しっかりと歯ブラシをしてプラークを落とす必要があるのです😁

電動歯ブラシ

最近電動歯ブラシについてよく質問を受けることがあり、
今日は電動歯ブラシについてお話したいと思います

電動歯ブラシには大きく分けると、二つの種類に分けられます。

通常の電動歯ブラシは、電気の力で振動や回転しモーターを使って
直接ブラシの毛を動かしブラシの振動によって汚れを落とします☝

もう一つは音波ブラシですが、電気を使って発生させた音波を毛先に通じさせ
音波の高速振動の力で汚れを落とします。
音波の優れているところは、ブラシの毛先が接していない周囲まで汚れを落とすことができます

電動歯ブラシは数千倍の速度で磨くので、手で磨くよりとても効率が良いと
思います❤

ただ、どちらも磨き方、磨かなくてはいけない場所にブラシの毛が当たっていなければ
意味のないものになってしまいます

ですから、まずは正しい磨き方を覚えましょう☝

20120306-130622.jpg